>

税理士になれる人の条件

卒業した人やする予定の人

法律学や経済学を学んだ経験があって、大学や短大を卒業している人は税理士になる資格を持っています
税理士の試験に挑戦してください。
また専門学校や、海外の学校でも同じようにきちんと勉強している人だったら資格を得られます。
そのように条件を満たしていないと、税理士になるための試験を受けられないと知ってください。

大学を出ていない人や、卒業しているけれど法律学や経済学を学んでいない人がいると思います。
その場合は、もう1度大学を入り直すのがおすすめです。
高校を卒業した人が大学に進むというイメージが大きいですが、誰でも受験はできます。
大人になってからでも大学受験に挑戦できるので、税理士を目指すなら入学しましょう。

必要な知識を得るために

知識を持っていないと、税理士になってから活躍できません。
依頼人から相談されても、うまく対応できないでしょう。
自分の無知が原因でトラブルの解決が遅くなったり、悪化させることがあります。
そんなことが起こったら、依頼人に大きな迷惑を掛けます。
実力を持っていない税理士に任せたいと考える人はいないので、どんどん依頼人が少なくなってしまうでしょう。

経営がうまくいかなくなるので、大学や専門学校できちんと法律学を勉強してください。
学校なら、先生が教えてくれます。
具体的に説明してくれるので、独学よりも理解しやすいと思います。
難しい内容ですが、税理士になって困っている任を助けたいという目標を持っていればやり遂げられます。


この記事をシェアする