>

どんな検定をクリアすれば良いのか

まずは検定に挑戦しよう

簿記検定の1級を持っている人なら、大学を卒業してなくても税理士の資格を獲得できます。
これかた大学に通うのは大変だと感じる人は、検定の取得を頑張ってください。
通信講座でも勉強できるので、効率の良い勉強が可能です。
わからないところがあったら、すぐ講師に聞いてください。
疑問を放置していると試験に出題された時の対応できなので、クリアできなくなります。

問題を解いて、添削してもらうことで自分の知識が本当に正しいのかわかります。
間違って覚えていたら大変なので、定期的に添削してもらいましょう。
間違った知識が染みつくと、正しい知識を覚えるのに時間が掛かります。
通信講座は、自宅でも気軽に勉強できる面がメリットです。

簡単な級から挑戦しよう

法律や税金のことを勉強したばかりの人が、いきなり簿記検定の1級に挑戦しても合格できないかもしれません。
最初は、もっと低い級から挑戦するのが良い方法です。
少しずつ級を上げることで、自信にも繋がります。
最初に1級に不合格になると、自分には向いていないと諦めてしまう人が見られます。

順番にクリアすることで、自信を持って勉強に取り組めるでしょう。
3級ぐらいなら、試験では基本的な内容が中心に出題されます。
基本がしっかりわかっていれば、2級や1級の応用した問題にも対応できるでしょう。
簿記検定を取得する際は、焦らないでください。
いきなり応用した問題に取り組んでも、全く理解できません。
徐々にレベルを高めてください。


この記事をシェアする