>

サポートをしながら勉強しよう

会計の仕事をサポートしよう

求人を見ると、会計の事務仕事ができる人を募集しているかもしれません。
税理士になりたいならそのような求人に応募してください。
会計の事務仕事を2年以上していた人は、税理士になる資格を入手できます。
最初はわからないことが多いでしょうが、毎日働いていれば作業に慣れます。会計のことが主なので、計算する機会が多いです。

計算を練習して、スムーズに答えを出せる状態にしておきましょう。
また事務仕事では、パソコンを使うことが多いです。
パソコンの使い方を知っておくことも、忘れないでください。
計算ソフトを使用できることが、採用の条件になっている職場も多いです。
ソフトを使えば、ミスが起こる可能性が低下するので助かりますね。

税理士や弁護士のサポート

実際に税理士のそばで働いて、仕事をサポートするのも良い方法です。
会計の事務仕事と同じようにⅯ2年以上していた人は税理士になる資格を入手できます。
実際に自分が税理士になった時に、独立する手助けしてくれるかもしれません。
現場で仕事を見ることで、勉強できることもたくさんあります。

税理士のそばで働くことにはメリットがたくさんあるので、目指している人はサポートすることを意識しましょう。
参考書で勉強しただけでは、正しく理解できないかもしれません。
働いている姿を間近で見ることで、トラブルが起こった時の対処法も把握できます。
自分が税理士になった時に、役立つ知識になるでしょう。
先輩税理士に、アドバイスをもらうこともできます。


この記事をシェアする